相続で慌てない

相談・解決事例

弁護士・司法書士・税理士・不動産会社のそれぞれの専門家が
これまでにあった相談事例と解決事例をご紹介します。

遺言の事例

2016.05.15
  • 弁護士

遺言書だけでは十分に財産の配分がされていなかったケース

Aさんの配偶者について遺産分割協議を行わないままに,Aさんはなくなりました。Aさん自身には遺言がありました。遺言にはAさ…

2016.05.02
  • 司法書士

遺言書の不備

Aは妻Bの間に子Cがいました。その後、Bと離婚しDと婚姻し、子Fが生まれました。 Aには、若干の預金と居住用マンション…

2016.04.02
  • 司法書士

公正証書遺言の活用

子のいないご夫婦(主に妻)からのご相談。 夫が入院しており、いつ他界してもおかしくない状況。 現在居住している家の名…

2016.03.28
  • 弁護士

遺留分の問題に対応した遺言の作成

自宅や預金など財産が合計3000万円程度ある方の遺言の作成。 面倒を見てもらっている同居をしている子供に家を渡したいと…

ページ上部へ戻る
不動産相続に強い専門家へのご相談なら082-240-9911