相続で慌てない

相談・解決事例

弁護士・司法書士・税理士・不動産会社のそれぞれの専門家が
これまでにあった相談事例と解決事例をご紹介します。

売買の事例

2017.02.02
  • 宅地建物取引士

相続財産を手放さざるを得ない状況

お父様が十数年前に他界され、お母様と息子様がその家に同居されていました。 娘様は結婚し家庭を持たれている状況で別に生活…

2016.11.06
  • 宅地建物取引士

相続した”広すぎる家”

相続した隣り合わせの家についてご相談でした。 元々、代々で土地を相続しており、そこへ隣り合わせに家を建てておられました…

2016.10.15
  • 宅地建物取引士

相続後に残された空家

司法書士が相続登記を終え、空家となった一戸建て。 子供がおられず、遠戚者での相続となったため、家の中の荷物はほぼそのま…

2016.04.09
  • 宅地建物取引士

親が所有している2つの不動産

広島に住んでいる高齢の母、父はすでに他界しており、母と依頼者である子が共有にて相続した2つの不動産。 依頼者である子は…

2016.02.29
  • 宅地建物取引士

前妻の子、後妻間での相続不動産売買

父が他界、母は既に亡くなっており、数年前に父と結婚した後妻が父名義の不動産に居住している。前妻の子が2人、子は相続不動産…

ページ上部へ戻る
不動産相続に強い専門家へのご相談なら082-240-9911